リンパの流れを高めてやせ度アップ!!

ドロドロリンパからサラサラリンパへリンパ管の流れ具合で健康度がわかる!

リンパ管は動脈と静脈といった血管が体中を張り巡らせています。
リンパ管の中を流れているのは、細胞と細胞の間にある組織間液という液体が集まったリンパ液と呼ばれるものです。

長時間座っていたり、血行が悪くなることで起こるむくみは、本来リンパ管へと流れていくはずの組織間液が細胞間にどんどん溜まってしまった状態の事です。リンパ管がスムーズに流れていればむくむことはないのです。

ではむくみをそのまま放置するとどうなるのでしょう?
組織間液には、アルブミンというたんぱく質の一種が含まれています。このアルブミンには各細胞に栄養を送り届けるとともに、細胞で生じた老廃物や疲労物質をリンパ管へと運ぶ働きがあります。
そのため、組織間液がたまり、アルブミンが循環できなくなってしまうと、細胞では栄養不足になるばかりか、老廃物や疲労物質がそのまま蓄積されてしまいます。これを放置すれば細胞は老化し、体は疲れていく一方です。
むくんでふくれた手足は見た目だってよくないですからね。

リンパマッサージinバスタイム~洗って痩せちゃえ!~

お風呂の中でマッサージをすれば、汚れを落とすだけじゃなく、体の中の水分や老廃物の排泄を促す効果があります。ゆっくりお風呂につかった後に、手に石けんの泡をつけてスタート!

部分痩せしたい場所ランキング

★第1位 足

1.足裏全体をさする。泡をつけた手で足の裏をつかんで、親指を左右交互に動かしながら、足先からかかとに向かって全体をさすります。
2.下から上に流す。両手で足をはさみ、くるぶしから太ももの付け根に向かってクルクルと円をかいていく。

★第2位 二の腕

1.右手の手のひらで左腕の内側をつかむようにして、手くび側からわきの下へ向けてさすり上げる。
2.このとき、左腕はさすりながら自然に腕を上げていく。これを10 回×5セット。反対の腕も同様に。

★第3位 おなか

1.わきをらせん状に、体の横に泡をつけた両手をあてて、腰骨までゆっくりとさすります。
2.おなかとそけい部をさする。両手を重ねて、おなか全体をらせん状にさすります。そけい部は、親指以外の指をあて、らせん状にさすります。

ただゆっくりお風呂につかっているのもいいですが、効果的な方法でリンパマッサージをすれば、気持ちよ~くスリムボディになれちゃうかも…!?
是非試してみてください♪

ドロドロリンパからサラサラリンパへリンパ管の流れ具合で健康度がわかるドロドロリンパからサラサラリンパへリンパ管の流れ具合で健康度がわかる!

関連記事

  1. 「活性酸素対策」できていますか!?

  2. 乾燥肌と敏感肌

  3. 6月の紫外線はシワ・たるみの原因になる!?

  4. ボツボツ毛穴の原因は紫外線!?

  5. 脱毛カウンセリング受付中!

  6. よもぎ蒸しで体の芯からぽかぽかに!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。